カントン包茎手術の実績が豊富なクリニックを選択しよう!

カントン包茎は美容クリニックで治療が出来ます

カントン包茎は病気の範疇に入るので、保険適用での手術を行うことが出来ます。
そのために泌尿器科で相談して手術をしてもらう患者もおりますが、包茎専門の美容クリニックでの治療を選択する人も少なくありません。
臨床経験が豊富で実績があり、包茎や性器の悩みを専門で治療する美容クリニックは、包茎治療のスペシャリストであると言っても過言ではなく、さまざまな症例を扱っております。

実績と評判の良いクリニックではもちろん保険適用の治療も出来ますし、美容目的の治療を依頼することも可能です。
カントン包茎の治療と並行して早漏治療のための薬剤注入などを依頼出来るなど、性の悩みに関する幅広いノウハウの持っているのがこうした美容クリニックの特徴になります。

美容クリニックでは医師免許を持ったドクターが常駐しているので、病院と同じように高い技術と知識を背景にした治療が受けられるのです。
カントン包茎だけではなくその他の包茎や、早漏改善なども施術してもらうことが出来ます。

美容クリニックでのカントン包茎治療

美容クリニックの特徴は臨床経験が豊富であり、包茎治療の実績を数多く扱っているということです。
泌尿器科では性器や性病などに関する幅広い症状を治療することが目的ですが、包茎専門の美容クリニックでは包茎の治療や性の悩みなどを改善するための治療を専門的に扱い、よりその分野に特化した技術体系を確立しております。
そのために泌尿器科を受診するよりも、仕上がりが丁寧な美容クリニックを選ぶ患者も少なくありません。

カントン包茎は保険適用の整形手術でありながら、審美眼的な要素を持つ外科手術でもあります。
包皮口の入り口を切開して広げてから、カリ部の根元で縫合することで形成し、見た目にも機能にも改善結果をもたらすことが手術の目的になるのです。

カントン包茎は放っておくと危険性があります。
亀頭部を露出させる時に外側の包皮で自身の陰茎を締め付けてしまい、血流を阻害して鬱血を起こしたり痛みが生じてしまうからです。
その他にも支障がある場合もあるので、専門医に相談して治療することをおすすめします。

まとめ

カントン包茎は放っておいても症状が緩和することはなく、陰茎にダメージを与えてしまうことも少なくありません。
海綿体に血流が流れることにより男性器は勃起しますが、この時に血流阻害が起こってしまい神経を傷付けてしまったり、血管へダメージを与えてしまうこともあるからです。

包皮口が狭いことでこれらの症状は起こるために、外科手術で開口部を広げることが根本的な治療になります。
通常は部分麻酔で日帰りで行える手術なので、体への負担はそれほど大きくはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。